映画「夏美のホタル」6月11日(土)ロードショー

有村架純
有村架純(ありむら・かすみ)
河合夏美役

1993年生まれ。兵庫県出身。2010年に女優デビュー。主な出演作は、『阪急電車~片道15分の奇跡~』(11・ 三宅喜重監督)、「あまちゃん」(13・NHK)、『JUDGE/ジャッジ』(13・古波津陽監督)、『女子―ズ』(14・福田雄一監督)、『思い出のマーニー』(14・米林宏昌監督)など。『ビリギャル』(15・土井裕泰監督)で、第58回ブルーリボン賞主演女優賞、第39回 日本アカデミー賞優秀主演女優賞、新人俳優賞をダブル受賞した。2016年は、ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(CX)で主演し、『僕だけがいない街』(平川雄一郎監督)、『アイアムアヒーロー』(佐藤信介監督)、『何者』(三浦大輔監督)が公開される。廣木監督作品は『ストロボ・エッジ』(15)に続き2作目。

工藤阿須加
工藤阿須加(くどう・あすか)
相羽慎吾役

1991年生まれ。埼玉県出身。2012年「理想の息子」(NTV)でデビュー。「ルーズヴェルト・ゲーム」(14・TBS)で一躍脚光を浴びる。主な出演作に「八重の桜」(13・NHK)、「ショムニ2013」(13・CX)、『1/11 じゅういちぶんのいち』(14・片岡翔監督)、『百瀬、こっちを向いて。』(14・耶雲哉治監督)、『アゲイン  28 年目の甲子園』(15・大森寿美男監督)、「あさが来た」(15・NHK)、「偽装の夫婦」(15・NTV)などがある。

小林薫
小林 薫(こばやし・かおる)
榊山雲月役

1951年生まれ。京都府出身。劇団「状況劇場」で注目を集め、数々の映画やドラマに出演。『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(07・松岡錠司監督)で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞するなど、今や日本映画界では欠かせない存在。近年の主な出演作は、『舟を編む』(13・石井裕也監督)、『旅立ちの島唄~十五の春~』(13・吉田康弘監督)、『夏の終わり』(13・熊切和嘉監督)、『春を背負って』(14・木村大作監督)、『深夜食堂』(15・松岡錠司監督)など。 公開待機作品に『海賊とよばれた男』(16・山崎貴監督)がある。

光石研
光石 研(みついし・けん)
福井恵三役

1961年生まれ。福岡県出身。『博多っ子純情』(78・曽根中生監督)でデビュー。『あぜ道のダンディ』(11・石井裕也監督)では主演を務めた。近年の主な出演作は、『Helpless』(96・青山真治監督)、『ヒミズ』(12・園子温監督)、『アウトレイジ ビヨンド』(12・北野武監督)、『脳男』(13・瀧本智行監督)、『はじまりのみち』(13・原恵一監督)、『共喰い』(13・青山真治監督)、『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』(14・矢口史靖監督)、『お盆の弟』(15・大崎章監督)、『恋人たち』(15・橋口亮輔監督)など。2016年公開待機作品に『森山中教習所』(豊島圭介監督)、『オケ老人!』(細川徹監督)、『海賊とよばれた男』(山崎貴監督)がある。

吉行和子
吉行和子(よしゆき・かずこ)
福井ヤスエ役

東京都出身。舞台「アンネの日記」(57)でデビューし、映画『にあんちゃん(59・今村昌平監督)では毎日映画コンクール助演女優賞、『愛の亡霊』(78・大島渚監督)、『東京家族』(13・山田洋次監督)で日本アカデミー賞優秀主演女優賞、『折り梅』(02・松井久子監督)で毎日映画コンクール田中絹代賞を受賞する。その他の主な出演作に『佐賀のがばいばあちゃん』(06・倉内均監督)、『人生、いろどり』(12・御法川修監督)、『燦燦-さんさん-』(13・外山文治監督)、『家族はつらいよ』(16・山田洋次監督)がある。

淵上泰史
淵上泰史(ふちかみ・やすし)
河合忠男役

1984年生まれ。和歌山県出身。『軽蔑』(11・廣木隆一監督)で役者デビュー。主な映画出演作は『ヘルタースケルター』(12・蜷川実花監督)、『東京プレイボーイクラブ』(12・奥田庸介監督)、『プラチナデータ』(13・大友啓史監督)、『ぼっちゃん』(13・大森立嗣監督)、『受難』(13・吉田良子監督)、『花宵道中』(14・豊島圭介監督)、『マエストロ!』(15・小林聖太郎監督)、『ストロボ・エッジ』(15・廣木隆一監督)、『7s』(15・藤井道人監督)、『僕だけがいない街』(16・平川雄一郎監督)など。公開待機作品に『永い言い訳』(16・西川美和監督)がある。

村上虹郎
村上虹郎(むらかみ・にじろう)
公英役

1997年生まれ。東京都出身。2014年、第67回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品 『2つ目の窓』(河瀬直美監督)の主演で俳優デビュー。その後は『神様の言うとおり』(14・三池崇史監督)、『忘れないと誓ったぼくがいた』(15・堀江慶監督)、『さようなら』(15・深田晃司監督)、「天使のナイフ」(15・WOWOW)などに出演。 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(15・CX)でドラマ初主演を果たす。2016年は『ディストラクション・ベイビーズ』(真利子哲也監督)が公開。

中村優子
中村優子(なかむら・ゆうこ)
美也子役

1975年生まれ。福井県出身。2001年に『火垂』(河瀬直美監督)でブエノスアイレス国際映画祭最優秀主演女優賞を受賞。主な出演作は、『血と骨』(04・崔洋一監督)、『ストロベリーショートケイクス』(06・矢崎仁司監督)、『クワイエットルームにようこそ』(07・松尾スズキ監督)、『クヒオ大佐』(09・吉田大八監督)、『まほろ駅前多田便利軒』(11・大森立嗣監督)、『百瀬、こっちを向いて。』(14・耶雲哉治監督)、『ジヌよさらば~かむろば村へ~』(15・松尾スズキ監督)、『野火』(15・塚本晋也監督)、『グッド・ストライプス』(15・岨手由貴子監督)など。公開待機作品に『太陽』(16・入江悠監督)がある。